上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



15時に海で一旦別れ、
宿でお風呂に入り、夕食を食べて、家から持ってきた浴衣に着替えて夜繰り出した場所は

これが地方の人間なら知る人ぞ知る「喧嘩七夕」 ※写真はほぼ全滅でしたorz


しかもこの祭り
Mっちゃんの家のすぐ傍でやっている狭い地区のみでやってる祭り
ちょっと離れた地区になると綺麗に飾った山車で練り歩くだけ
動画見れば分かるけどものすごく男くさい祭りなのだ

20100817.jpg
山車の先端に取り付けた丸太をぶつけ合うので
ちょっとでもズレてぶつかってしまうと山車が壊れてしまう
なのでお互い真っ直ぐにする作業が30分ぐらいかかる


山車の車輪に塗られた独特の臭いのする油が充満し
海の潮の臭い、大勢の見物客の熱気もあって
この地区が他の祭りと全然違う雰囲気をかもしだしていて
別世界に来たかのようだった



20100817a.jpg
Mちゃんの話いよると友達の家の2階がぶつかり合う場所の目の前で
小さい頃その子の家で見たらしい
特等席で見てたら、ぶつかった瞬間上に乗ってる人が山車の車輪に落ちたらしい
同時に引っ張り合いがはじまり危機一髪のところで
落ちた人は逃げて車輪の下敷きにならずに済んだ


それを見てたMっちゃんはその時の九死に一生事件を今でも鮮明に覚えてるらしく
準備が出来る間、その話を詳しく教えてくれた
今は上に乗ってる人は皆命綱を付けてやってるそうだ


20100817c.jpg

この祭りを見た後違う地区の七夕を見て
夜店でかき氷を食べ、花火をやってその日の10時頃別れました


続きは時間ある時に更新

 


スポンサーサイト




う・みいぃぃーーーーっ!!
20100809.jpg
専門学校の時からの友達、Mっちゃんに会いに彼女が住んでる町へ一泊旅行してきたぞ!!
実はこの友達・・・仲がいい友達だったけど
おらがけんか別れしてしまった友達なのです
んでおらはその事をずっと引きずってた
おらが電話をかけて連絡をちょくちょく取るようになり
今回10年ぶりの再会となったわけです



最初はつむじ一家4人だけで旅行を考えて旅館を取ったんだけど
おらの妹、姪っ子が帰省する時期と重なり旅行先が海だったので
夏休みのいい思い出になると妹と話になりその後2人追加
「私もパートの休みが取れた」と母ちゃんも合流しさらに1人追加で
合計7人の大所帯で海へ一泊旅行となった(笑



姪っ子、かっちゃんを連れてきたのにはもう一つ理由がある
20100809a1.jpg  左:かっちゃん  右:Rちゃん
姪っ子とMっちゃんの娘の年がさほど離れてなかったのです
電話で話を聞いたらどうもかっちゃんとRちゃんの行動パターンが似てる
(・・・もしかして仲良くなれそうな予感・・)と思って海で会わせたら
予感的中!海で1時間も経たずに意気投合してた(笑



妹とお父ちゃんが気を使ってくれて海に入ってる子供たちを見てくれてる間
おらとMっちゃんはテントの中でお茶飲みながら海の方を見て
けんか別れしたあの日を振り返る事もなく
話が途切れても気まずい雰囲気が漂う事もなく
お互い歳とったなー!(笑 と笑いながらたわいもない話をしてたけど


つむじ  「なんか10年前と変わらないよな」
Mっちゃん 「だねぇ~」
Mっちゃん 「気ぃ~使わないで居れるねぇ」
つむじ  「んだなぁ~」


つむじ、Mっちゃん  「しばらくあってないのになぁ~(笑」



って海を見ながら話してた



話をしないで海を眺めてた時間の方が多かったかもしれないけど
話す事がないわけじゃなく、黙っていても一緒に居る事が苦痛じゃなかった
だから無理に話題を探す必要もなく、テントの中に二人座って海を眺めてた


何か言うとしたら海に入ってる子供達のおもろい行動に
「がははは!今の見た!?」
「ぎゃはは!マサ坊海藻だらけになってる!」
こんな内容(笑



こんな感じで3時過ぎまで海に居た
この日はこの街町の七夕祭りもあって
10年ぶりにあった織姫と織姫はドラマのような再会のシーンをすることもなく
ただ海を眺めて別れた

















な、わけねーーだろーーがっ!
明日おったまげた織姫と彦星の祭りの様子を更新です

 






夏休みに入ってから宿題の一つに
「図書館から本を5冊以上借りて読む」
と言うのがあってね、
図書館に本を借りに積極的に行くのはいいのだが
自分が読める本を借りるのではなく図鑑ばっかりを借りる
特に「ロボット」と「宇宙で活躍する機械」(笑


んでつむじとお父ちゃんは思った
図鑑は漢字が多くてまさ坊には読めないけど
なら図鑑からまさ坊が気に入った何かを作れば工作の宿題できるんじゃないの!!?






と言う事でこれ作ります↓
20100803a.jpg
偕成社出版 解剖断面図鑑 より 宇宙ステーション


これを忠実に再現しなくてもいい
つか、こんな大きな工作持って行けやしない
特徴だけ掴めばそれっぽく見えるはず
この絵の簡略ちびっこバージョンを作る




なので材料はこれ↓

20100803.jpg

ペットボトルの脇に穴開けてもう一つのペットボトルを合体!
レゴブロック遊びの要領でOK!!
ソーラーパネルみたいな羽はお菓子の箱の仕切りを切ってアルミホイルを貼ればOK!!
それを支える梁みたいなのは割り箸をペットボトルに貫通させればOK!!
クレーン車のアーム部分みたいなのはストロー使って関節部分が動かせるようにつまようじをさしこめばOK!!
ブルガリアヨーグルトの容器は出来あがった宇宙ステーションを支える台に使用



宇宙ステーション スケルトンバージョンだぜー!


大人がペットボトル接続部分を手伝ってもいいんジャマイカ
「こういう組たて方あるんだよ。」って教えながらなら、お父ちゃん、おら的にはいいと思う
特徴がある部分をパーツで分け、家にある材料で何で作るかがカギ
そういう部分をフォローして「なんでもやろうと思えば出来る事が多い」って事教えたい
こんな感じで工作作りスターーート!!

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。