上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



20100930.jpg




20100930a.jpg




20100930b.jpg




20100930c.jpg




20100930d.jpg




20100930e.jpg




20100930f.jpg




20100930g.jpg




20100930h.jpg




20100930i.jpg












20100930j.jpg




20100930k.jpg




20100930l.jpg




20100930m.jpg




20100930n.jpg




20100930o.jpg




20100930p.jpg












20100930q.jpg












20100930r.jpg












20100930s.jpg












20100930t.jpg




20100930u.jpg




20100930v.jpg




20100930w.jpg

現世で怒られる事は少なかったが
あの世に行ったらバリバリ怒られると思う、罰あたりな孫




怒られたくないのでおらは幾らでもこの世にとどまるようにねばります♪

 
スポンサーサイト



以前もこんな事書いたけどさぁ
またここに残しておきます


おらの家にはお父さんが居なかった
なんでいなかったかは書く気ないけど気づいたらすでに居なかった
んで、母ちゃんとおら達姉妹は母ちゃんの実家に行くことになった
その家には、ばあちゃんとじいちゃんが暮らしていた


その当時、特に田舎の方では片親って言うのは良い目で見られてなかったけど
じいちゃんはお父さんが居ないおら達姉妹に不憫かけさせたくないと思ったんだろうか
じいちゃんはお父さんの役目をいっぱいやってくれた


父兄参観日にじいちゃんが来てくれた事もあったし
妹の保育園に赤いソリをひっぱって迎えに行ってくれたし
子供地区PTAにもいってくれた


じいちゃんはおらを滅多に怒らなかった
ばあちゃんはおらの左利きを「人目悪い!」と言って何度も怒って直そうとしたんだけど
じいちゃんは「直らないものは仕方がない。いかべ!(いいじゃないか)左でも!」とばあちゃんに言った
そういや、夏休みの友の算数の宿題を電卓でやろうとして
母ちゃん、ばあちゃんにこっぴどく怒られた後、
じいちゃんはにやけてただけで、怒ろうとはしなかった


小さい頃はお父さんが居なくて嫌な事もあったけど
おらは片親じゃない。そう思えるようになったのは実家を離れてからすぐだったような気がする
むしろ今思えば親の役目をしてくれた人がじいちゃん、ばあちゃんの他にもいっぱい居た


KI兄ちゃんの親達は夏休み、冬休みになるとおら達も一緒に連れて
キャンプやスキーに連れて行ってくれた
おらが小学校に上がる時、じいちゃんはランドセルを
KI兄ちゃんの親は勉強机を買ってくれた
お盆になるとおらが住んでる家に人がいっぱい集まった
10月の秋祭り、正月にもいっぱい人が集まった



楽しい思い出がいっぱいの幼少期だったと思う



まぁ、察しがいい人は気づくかもだけど
じいちゃんが他界しました
享年97でした
病気らしい病気もせず、一人で風呂、トイレに行ってたくらい元気でした
なので大往生でした


かーーーっ!おしいな!
あと3年で100だったのになぁー!


一緒に居れた事を感謝します
ありがとう、お父さん

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。