上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日ある場所に完成したモデルハウスを見学に行って来ました



偵察ではありません
そこの展示場で風船をおこちゃまに配ってたのです
チビ太達が風船が欲しいと言うので
風船だけもらって「さあ~帰ろう!」と出来ないので
そのモデルハウスに興味もあったので中を見てまいりました!!



フモフモさん*けろーにょ ・・・・・坪単価○○万・・・・



どこの展示場でも玄関前に坪単価を表示してる




では坪単価とはいったいなんぞや?って話になる



坪単価とはモデルハウスにかかった工事費に
施工床面積の坪数で割った金額になる



例えば

施工床面積が159.40㎡だと坪数は
(1坪=3.305785㎡なので)
1549.40㎡÷3.305785㎡=48.2185坪になる


そして小数点第3位は切り捨てで表示する


施工床面積にかかった工事費が14、089、000円だとすると
14,089,000÷48.21=292,242


一坪 292,242円 と言うわけだ




が!




大抵のハウジングメーカーは別途工事が付いている
この別途工事で金額がかなり違ってくるのです



この別途工事の分を施主に打ち合わせ時から
ちゃんと説明できる営業マンか否かで
「さあ!見積もりを出してみましょう!」となった時に



「・・・・・・なんでこんなに高くなったんだよ!」と言うトラブルを防げます



モデルルームに含まれてない工事として
あくまでもつむじのたとえ話として
例をあげると


外構工事
室内照明器具
屋外給排水
屋外電気配線


などがある



外構工事はやってもやらんでも生活には差支えが無いが
照明はなければならない物である
そして屋外電気・給排水
これは必ずなくては生活ができない工事範囲である



モデルハウスでは建物内の設備配線・配管までしか価格に入れないところが多い

理由として
その敷地の形状と建物の配置によって
敷地内から敷地外に接続する距離が違うからである


ie.jpg


こういう敷地にこういう配置をした場合と

ie1.jpg


こういう敷地にこういう配置をした場合とでは給排水の距離が違ってくる




こういう「実際の敷地を見てからじゃないと判断が難しい部分」が
施主とハウジングメーカーでのトラブルがおきやすい部分である



そして敷地によっては地盤改良が必要な土質かもしれないし
下水道が整備されて無い場合は浄化槽が必要になってくる
浄化槽は補助金制度がある地方もありますが
それでもバカにできないですよ



モデルルームと同じ立地条件なら坪単価は目安としてもいいが
大抵の施主はそこに表示されてる金額からさほど誤差が無い程度で
家を建てることができると錯覚しやすい



だが実際はおのおの敷地の条件が違うので
小さな別途工事が積み重なると「え?なんでこんなに違うの?」となる



坪単価とはあくまでこのモデルルーム限定での単価と思って見学に行きましょう



家を建てる際にオプション追加制や
別途工事を設ける事は悪い事ではない
ハウジングメーカー側でも企業努力をしてる事も認める
だが施主に別途工事分とオプション機能を最初の段階から
理解してもらう努力を営業マンはしなくてはいけない



その裏づけとしてこの敷地に適用になる建築基準法を
最初の段階から説明する義務がある



今まで説明した部分が坪単価の落とし穴になる事が多いのです



しつこいくらいにオプション・別途工事分の説明を営業マンに求める事をオススメします




[ 追記 ]


今回見学に行ったハウジングメーカーの営業マンさんは
私の疑問に真摯な対応をしてくれました
(注意:専門的な質問をしたわけではありません)
家を建てる時に営業マンさんの対応で
お互いの勘違いを防ぐ事ができますので
真摯な対応をしてくれる営業マンさんに相談する事をオススメします



[ もう一つ気付いた事があったので追記 ]


営業マンさんは設計士でない事が多いので
おおまかな建築基準法をその場で施主に説明できても
専門的な分になると説明できない事があります


それは仕方がない事です
設計士でも即答できない質問があります


その場合
「その質問に関しては今即答できませんので、
会社に戻って設計士に相談し裏づけ確認をしてから
後日回答を持ってまいります」
と出来ない事はその場ではっきり言える営業マンさんは安心できると個人的に思います



どんな物でも長所と短所の部分を説明し
相手に理解してもらう事が重要



「できます」だけではなく時には
「難しいです。法規に違反します」と言える事が
後々の大きなトラブルを防ぐ事にもなります



「難しい」と言われた事に対して「では他のメーカーに相談します」と
結果を出す前に営業マンと施主の信頼関係を構築する事が重要で
そこに大半の時間をかけます



こんなえらそうな事を言ってる自分も
過去に何回か信頼関係を構築できなく
仕事がおじゃんになった経験があります



信頼関係が一番重要なポイントなのかもしれません









スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。