上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




って番組を昨日途中から見た


その中で耐震と免震の模型を使って地震が来た場合に
どのように建物が揺れるか って言うのをやってましたけど
それを見て思ったことを書きます


免震は地震の揺れを軽減するのを目的にしてるので
たて揺れの地震時には耐震の方が効くと思う
だから免震の方が地震に強いとか耐震のほうが強いとかじゃなく
どっちの工法にも長所短所があるんだな。と


でも免震のイニシャルコストが一般の人にも手を出せるところまで
来てるのは確かみたいだ
この2つの工法がもっともっと普及すればいいな~と思った


屋根材のガルバリウム鋼板も出始めの頃高級品だった
今じゃほとんどの屋根材がガルバリウムだけどね
最初の頃はどうしても高級品になってしまうのは仕方が無い
免震もきっとそう遠くない将来、一般的になる日が来ると思いました


エアー免震の家
あれ、実はすごくびっくりした
エアーサスペンションの家版でしょ?
びっくりしたなー
それを考えた人が大手ではなく住宅メーカーの人と言う事にも驚きました


日本には大手が持ってる部門研究機関でしか新しい工法を
研究できないのか。と思ってた考えが吹っ飛びました
新しい工法なんて最初から欠点なんぞありゃしません。って事は絶対無い
改良を重ねて完璧に近い工法に持って行くことも時間を重ねないと難しいから
今一般的になってる工法と新しい工法の両方を使って建物を建てるのが
一般的になって行く日が来そうな予感にこの番組を見ててワクワクした


すげーな。日本の技術者さん

頑張れ日本
凄いぞ日本
頭のいい国にっぽーん♪
(ひらめきのいい国にっぽーん♪)

まんざらこの歌嫌いではないぞ




[今日の日記と全然関係ないオマケ]




なんかいいな~このCM


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。