上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お父ちゃんが入ってる生命保険の担当者さんは
毎年暑中見舞い・年賀状をくれる
企業としてではなく自分と家族の写真を一枚載せて
そこに近況報告を書いて送ってくれるのだ(住所はその会社の住所だけどね)


他にも保険ニュースと言うのを送ってくれて
その中に彼なりの考え方や趣味などのちょっとした自己紹介も書いて送ってくれる


実はお父ちゃんの保険の担当者さんは今までに2回
しかもさほど時期を開けないで変わっていた
その様子を見ておらとお父ちゃんは
「保険会社変えるべ^^; はっぱりだ(さっぱり○○だ)」と話し合ってた


保険会社の人から見ればそこまで保険をかけてる人が
どう見てるかなんて気にもしないでしょうね
でも結構見てたりするんだよね(笑)


んで、担当者さんが今の人に変わったらおらとお父ちゃんは「続投」を決めた
ほんとうに小さな小さな積み重ねだとは思うんだけど
間違いなくここ数年で「続投」と思わせたのは間違いない


ここ数年年賀状が来ても返事を出さなかったおらが
初めて担当者さんに喪中葉書を出しました
そしたら電話がきたんです


「ご無沙汰してました○○です。喪中葉書届きました」 ってね
ただでさえ年賀状の返事を出さないでいたのを近頃申し訳ないなと思ってて
今年喪中葉書をだしたのですがまさか電話が来るとは思ってもいなくて
それこそもっと申し訳なく思ってしまったのでした


つかオメー社会人やってきたんだから常識だろが!って言われそうですが
はい、否定できません
恥ずかしいわ・・・・


こっちは保険かけてるんだから年賀状来て当然って気持ちが
最初の数年間あったと思う
返信ないのに毎年年賀状を送ってくれた担当者さんに
ここ数年親しみを感じてきてたのにな~・・・


今年は喪中葉書だったけど来年はうちらも写真入の近況報告入りで
年賀状を出そうと思った今日でした



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。